【2023年12月】VYM, HDV, SPYDから分配金が入金されました!

お金

”何もしなくともお金が働いてくれて、口座にお金を運んでくれる…”
まさに、夢の不労所得
この度、私が保有するVYM, HDV, SPYDの12月の分配金が入金されました!

本記事では、本ブログ管理人のユキたまが現在保有しているVYM, HDV, SPYDの運用状況と、今回入金された分配金について公開していきます。

2023年12月 分配金のサマリー

    保有株数分配金[$]受取金額[$]円換算の受取金額 [\]配当利回り[%]
VYM2527.4919.732,7813.12
HDV1817.5812.631,7803.82
SPYD4926.1618.772,6464.66
71.2351.137,209
参考為替レートは1ドル141円で計算
配当利回り = (直近1年間の分配金合計 / 集計時の株価) * 100% で算出

運用状況

円換算

円換算での運用状況は以下です。
前回の購入時は1ドル130円前後だったので円安による評価益がプラスの大きな要因となっています。

※2023/12/30時点(楽天証券より)

ドル換算

ドル換算での運用状況は以下です。
例年の傾向通り、10月から年末に向けてグングンと回復しまして、損益はギリギリプラスで終わることができました。

※2023/12/30時点(楽天証券より)

年初来からの株価推移

VYM, HDV, SPYDの株価推移を以下でパフォーマンスを比較してみます。
また、参考までにS&P500と日経平均も合わせてチェックしておきます。

比較期間:2023/01/03~2023/12/25
TradingViewにて作成

チャートから分かるように、今年、VYM, HDV, SPYDは軟調な値動きとなりました。

原因としては、米国債の金利が引き上げられたことで、債券で5%近い利回りがあり、わざわざ株式の配当を狙うというリスクを取る必要がなかったからだと思います。

とはいえ、高配当ETFというアセットで考えれば、決して悪くない成績なのかもしれませんね…
VYM, HDV, SPYDは昨年と同等の分配金を出していたり、増配を続けている優秀なETFですので、これからも積極的に買い増していきたいと考えています。

S&P500については、”2023年にリセッションが来る”という噂もありましたが見事に跳ねのけました。また、今月はFRBから金利の引き下げを匂わせる発言もあり、株式市場も敏感に反応している様子が伺えます。とはいえ、来年は上昇トレンドになるのか、下落トレンドになるのか…まだまだ分かりませんね。

日経225については、年初来最高値を更新して取り上げられたり、日本の大企業の決算では過去最高益をバンバン出していたりで景気の良いニュースも見られましたね。

まとめ

今回は、私が保有するVYM, HDV, SPYDの運用状況と2023年12月の分配金について公開しました。2023年12月の税引き後の分配金は合計で約7,209円(約$51.13)でした!

最近は買い増しをせずに静観していますが、来年から始まる新NISAの成長投資枠をフル活用して積極的に買い増していこうと思います!

↓来年からの新NISAでのユキたまの投資戦略はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました